IMG_7311

痩せるためにダイエットも取り入れている人もいる中、食事制限をしたり…置き換えダイエットしたりする人もいるだろう。
そんな中、最も効率痩せて健康的になれるのはズバリ筋トレだ。

もし真剣に痩せたいなら筋肉を鍛えることであって、筋肉をたった1kgを増やすだけで年2.5kg痩せられるのです。
少ないように感じるだろうが、仮に5kg増やしたとして考えると年で12.5kg痩せていくという考え方だ。

今回は『痩せたいなら筋肉1kgを増やすと、年で2.5kg痩せられる?!』をご紹介していきます。







動かない悪循環によって太りやすくなる。
IMG_6598
年齢が重なっていくと筋肉が減って太ると、動くのがつらくなり…
日常生活での消費カロリーがダウンしてさらに太りやすくなってきます。

若い年齢のときは、駅が混雑しているエスカレーターに並ぶ人々の列を尻目に階段を駆け抜けて上がっていたのだが、
加齢によって筋肉が減っていくと階段を避けて並んででもエスカレーターの楽な方を選ぼうとしてしまいます。

オフィスでも1〜2階下のフロアに行く時ですら、階段を避けてエレベーターを使おうとしてしまうのだ。
こうして動かないという選択を選んでしまうので、余計に筋肉が減りやすくなってしまい、結果的に太りやすくなります。

筋肉が減っていく

動かない

太る

さらに動かない

さらに太る

繰り返し。

中年以降はこの悪循環によって、雪だるま式に太り続けることになってしまいます。
この悪循環を断ち切り、痩せていきたいのであれば…筋トレして筋肉を鍛えるのが手っ取り早いのです。









食事を減らしても、筋肉が分解されてしまう。
IMG_6612
健康的に痩せていくための手段としては…
  • 食事からの摂取カロリーを減らす。
  • 運動などによって消費カロリーを増やす。

しかし、太った人が痩せようとするのであれば、食事を減らそうとしてしまいます。
太っている人は、どうしても運動するのが苦手なので食事制限する以外の選択肢がないのです。

だが…食事を減らした結果によって筋肉がさらに減りやすくなってしまうのです。

太っている人は、摂取カロリーが消費カロリーを余裕で上回っているので、エネルギー収支が黒字になっています。
痩せるためには逆に、摂取カロリーを消費カロリー未満に抑えて、エネルギー収支を赤字に作り出す必要があるのです。

エネルギー収支が赤字になれば、それを補おうとして脂肪細胞に蓄えられている体脂肪が分解されて、
それをエネルギーとして変えてくれるので、結果的に痩せられるのです。

しかし…このシナリオが上手いようなことは進むことはあり得ません。
エネルギー収支が赤字になると体脂肪だけではなく、大事な筋肉も分解されてしまうのです。

筋肉は水分を除くと、ほとんどがタンパク質で出来ています。

タンパク質もエネルギー源になるので、食事量を減らすと筋肉のタンパク質が分解されて、
筋肉はさらに減ってしまい…結果的に太りやすくなってしまいます。











筋肉を増やしていけば、自然と痩せていく。
IMG_6736
食事を減らしても、結果的に筋肉が分解されて、さらに太ってしまうという悪循環。
それを防ぐには、筋肉を減らすのではなく…増やすという選択を選ぶべきです。

基礎代謝の20〜30%を占めている筋肉を増やすと、消費カロリーが増えてきて食事を減らさなくても
エネルギー収支が赤字になって、健康的に痩せやすくなっていきます。

筋肉を1kg増やしてあげると、消費カロリーが1日当たり最大50kcal増えると言われています。
たった50kcalと思われがちですが…その50kcalがすごいのです。

1年間で増える消費カロリーは50kcal×365日(1年)=1万7200kcal
体脂肪は1g当たり7.2kcal、1kgで7200kcalであって、単純計算で年間で1万8250÷7200kcal=2.5kgずつ痩せていくという計算になるのだ。

これだけ痩せるので、中年太りや肥満知らずにずっと若々しい身体で居られるのだ。

筋トレは楽しく、焦らずに鍛えていけば逞しい身体は誰でもなれます。










まとめ
  • 動かないと太る悪循環と共に過ごしてしまう。
  • 食事を減らしても筋トレしないと、筋肉は分解される。
  • 筋肉を増やせば、年間で2.5kgも自然と痩せていく。

今回は『痩せたいなら筋肉1kgを増やすと、年で2.5kg痩せられる?!』をご紹介させていただきました。

ダイエット=食事制限というのが印象が強いのですが、そういったダイエット方法は時代遅れになっています。
健康的で美しく、逞しく痩せていきたいなら筋トレして、筋肉を増やしていけば自然と痩せていきます。

筋トレすれば、自分が望んでいる体型も手軽に手に入ることも出来ます。

食事制限という過酷なダイエットすればするほど、待っているのが『リバウンド』というものだ。
しかし、筋トレというものはリバウンドというものは多少はあるが、大きなリスクはないのというのが魅力的だ。